ことわざ/天高く馬肥ゆる秋(てんたかくうまこゆるあき)とは?

スポンサーリンク

「天高く馬肥ゆる秋」意味と読み方

【表記】天高く馬肥ゆる秋
【読み】てんたかくうまこゆるあき
【ローマ字】TENNTAKAKUUMAKOYURUAKI

【意味】
秋は空が澄みわたって晴れ、馬は食欲を増し、たくましく太る。秋の好時節をいう言葉。
スポンサーリンク

説明

秋は空気も澄んでいて、空も高く感じられ、馬も肥えるような収穫の季節でもある。昔、中国では、北方の騎馬民族の匈奴(モンゴル人)が収穫の秋になると大挙して略奪にやってきたので、前漢の趙充国はそれを見抜き、「馬が肥ゆる秋には必ず事変が起きる、今年もその季節がやってきた」と、警戒の言葉として言われていた。しかし匈奴が滅びた後は、秋の収穫を喜ぶ意味として使われている。杜審言の詩「蘇味道に贈る」に「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」とある。「馬が肥ゆる秋には必ず事変が起きるから、今年もその季節がやってきたので警戒しましょう」という意味。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「肥ゆる」は、深まるや、大きく太るという意味。

【出典元】杜審言・詩「蘇味道に贈る」
【語源・由来】杜審言の詩『蘇味道に贈る』に「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」とあるのに基づく。

「天高く馬肥ゆる秋」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

天高くして馬肥ゆる秋(てんたかくしてうまこゆるあき)/天高く馬肥ゆ(てんたかくうまこゆ)

【類義語】

秋高馬肥/天高馬肥/秋高く馬肥ゆ/天高くして気清し

【対義語】

【注意】
「肥ゆる」を「越ゆる」と書くのは誤り。
スポンサーリンク

「天高く馬肥ゆる秋」の例文

【日本語】「庭の木にも柿がたくさん実り、天高く馬肥ゆる秋となりました」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました