ことわざ/轍を踏む(てつをふむ)とは?

「轍を踏む」意味と読み方

【表記】轍を踏む
【読み】てつをふむ
【ローマ字】TETSUWOFUMU

【意味】
前の人と同じ過ちを繰り返すこと。

説明

転倒した前の車のわだちをたどって、同じように転倒する意味。前の人と同じような失敗を繰り返すことのたとえ。「轍」には、「前人がおこなったあと」もしくは「先例」という意味もある。「前轍」ともいい、同様に前を行く車のわだちのことを指す。

詳細

注釈、由来

【注釈】「轍」は「わだち」のことで、通り過ぎた車輪の跡の意。

【出典元】-
【語源・由来】「此覆轍(ふくてつ)を踏(ふむ)事なからん事を欲するのみ」漢書より。

「轍を踏む」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

前車の轍を踏む(ぜんしゃのわだちをふむ)/前轍を踏む(ぜんてつをふむ)/覆轍を踏む

【類義語】

前車の轍を踏む/二の舞を演じる/覆轍/殷鑑遠からず/前轍を踏む/前車覆轍/前車の覆るは後車の戒め

【対義語】

【注意】

「轍を踏む」の例文

【日本語】「くれぐれも前任と同じ轍を踏まないように」
【英語】
He made the same mistake as that of theirs.

タイトルとURLをコピーしました