ことわざ/敵もさるもの引っ掻くもの(てきもさるものひっかくもの)とは?

「敵もさるもの引っ掻くもの」意味と読み方

【表記】敵もさるもの引っ掻くもの
【読み】てきもさるものひっかくもの
【ローマ字】TEKIMOSARUMONOHIKKAKUMONO

【意味】
競い合ってる相手もさすがに優れているという意味。

説明

競り合う相手や見くびっていた相手の実力を、認めるときなどに言う言葉。敵も強くてすぐれている、ということの形容。「さる」に「猿」をいかけて「引っ掻くもの」と続けた言葉遊び。競り合う相手や見くびっていた相手の実力を、認めるときなどに使うことわざ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「さるもの」は「然る者(さすがな者の意)」のことで、この「さる」と引っ掻く猿(さる)を掛けて続けたしゃれ。

【出典元】-
【語源・由来】-

「敵もさるもの引っ掻くもの」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

恐れ入谷の鬼子母神

【対義語】

【注意】

「敵もさるもの引っ掻くもの」の例文

【日本語】「大差で勝てると予想していたが、敵もさるもの引っ掻くもので、なかなかの苦戦を強いられた」
【英語】
He is quite a enemy.

タイトルとURLをコピーしました