ことわざ/出物腫れ物所嫌わず(でものはれものところきらわず)とは?

スポンサーリンク

「出物腫れ物所嫌わず」意味と読み方

【表記】出物腫れ物所嫌わず
【読み】でものはれものところきらわず
【ローマ字】DEMONOHAREMONOTOKOROKIRAWAZU

【意味】
人前で放屁した時の弁解に使われる言葉。
スポンサーリンク

説明

「出物」とは、おならのこと。便や鼻水、涙などをさすこともある。「腫れ物」とは、おできやニキビなどのこと。内部にあるものは、時や場所を選ばずに出るもので、出たところでとがめることもできないということ。多く、うっかりおならをしてしまった時に、言い訳のことばとして用いる。「出物」はおなら。「腫れ物」は、できもの。うっかり出てしまったものは、仕方がないということ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「出物」とは、「屁(おなら)」のことで、便や鼻水、涙などをさすこともあり、「腫れ物」とは、おできやニキビなどのこと。

【出典元】-
【語源・由来】「出物」はおなら、「腫れ物」は、できものという意味であり、あるものは仕方がないという意味。

「出物腫れ物所嫌わず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

出物腫れ物時知らず/出物腫れ物時知らず/出物腫れ物時知らず

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「出物腫れ物所嫌わず」の例文

【日本語】「出物腫れ物所嫌わずというだろう、そんな怪訝な顔をしないでくれ」
【英語】
Necessity has no law./Necessity knows no low.

タイトルとURLをコピーしました