ことわざ/月夜に釜を抜かれる(つきよにかまをぬかれる)とは?

「月夜に釜を抜かれる」意味と読み方

【表記】月夜に釜を抜かれる
【読み】つきよにかまをぬかれる
【ローマ字】TSUKIYONIKAMAWONUKARERU

【意味】
明るい月夜に釜を盗まれる。油断すること。単に「月夜に釜」ともいう。

説明

明るい月夜だから盗まれる心配はないだろうと思っていたら、大事な釜を盗まれてしまうことから。安心して油断していると、大変なことになる意味。もしくは、ひどく間が抜けていることのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「抜かれる」は、盗まれるという意味。

【出典元】『江戸いろはかるた』『上方いろはかるた』
【語源・由来】明るい月夜だから盗まれる心配はないだろうと思っていたら、大事な釜を盗まれてしまうことから。

「月夜に釜を抜かれる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

月夜に釜を抜く(つきよにかまをぬく)/月夜に釜をとられる(つきよにかまをとられる)/月夜に釜(つきよにかま)

【類義語】

鳶に掛けられる/鳶に油揚げをさらわれる/鳶に油揚げを攫われる

【対義語】

【注意】
「月夜に釜を掘られる」というのは誤り。

「月夜に釜を抜かれる」の例文

【日本語】「月夜に釜を抜かれるで、鍵をかけずに外出している間に泥棒に入られた」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました