ことわざ/角を矯めて牛を殺す(つのをためてうしをころす)とは?

スポンサーリンク

「角を矯めて牛を殺す」意味と読み方

【表記】角を矯めて牛を殺す
【読み】つのをためてうしをころす
【ローマ字】TSUNOWOTAMETEUSHIWOKOROSU

【意味】
少々の欠点を直そうとして、かえって全体をだめにしてしまうたとえ。
スポンサーリンク

説明

曲がった牛の角をまっすぐにするために叩いたり引っぱったりすると、牛は弱って死んでしまうことから、わずかな欠点を直そうとして、かえって全体をだめにしてしまうことをいう。枝葉末節にこだわって、肝心な根本を損なうこと。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「矯める」とは、矯正するという意味。

【出典元】-
【語源・由来】曲がった牛の角をまっすぐにするために叩いたり引っぱったりすると、牛は弱って死んでしまうことから、わずかな欠点を直そうとして、かえって全体をだめにしてしまうことをいう。

「角を矯めて牛を殺す」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

角を直して牛を殺す(つのをなおしてうしをころす)

【類義語】

技を矯めて花を散らす/下手な治療は病気より悪い/枝を撓めて花を散らす/葉をかいて根を断つ/葉をかいて根を絶つ/角を直して牛を殺す/枉がれるを矯めて直きに過ぐ/枝を撓めんとして幹を枯らす/仏を直すとて鼻を欠く/磨く地蔵鼻を欠く

【対義語】

【注意】
「矯めて」を「溜めて」と書くのは誤り。
スポンサーリンク

「角を矯めて牛を殺す」の例文

【日本語】「ほんの単純な計算ミスをそんなに責め立てたら、勉強する意欲自体をなくしてしまうよ。角を矯めて牛を殺すことになる」
【英語】
Better a snotty child than his nose wiped off./The remedy may be worse than the disease.

タイトルとURLをコピーしました