ことわざ/爪に火をともす(つめにひをともす)とは?

スポンサーリンク

「爪に火をともす」意味と読み方

【表記】爪に火をともす
【読み】つめにひをともす
【ローマ字】TSUMENIHIWOTOMOSU

【意味】
ひどくけちなこと。苦労して倹約すること。
スポンサーリンク

説明

けちでろうそくを買わない、あるいはろうそくも買えないほど貧乏なため、ろうそくの代わりに爪に火をつけて灯りをともすことから。非常にけちなたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】けちでろうそくを買わない、あるいはろうそくも買えないほど貧乏なため、ろうそくの代わりに爪に火をつけて灯りをともすことから。

【出典元】『尾張いろはかるた』
【語源・由来】『尾張いろはかるた』の「つ」

「爪に火をともす」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

爪に火を灯す(つめにひをともす)

【類義語】

吝ん坊の柿の種/袖から手を出すも嫌い/出すものは舌を出すのもいや/爪から火が出る/けちん坊の柿の種/出すことは舌を出すのも嫌い

【対義語】

【注意】
「爪に火を燃やす」とするのは誤り。
スポンサーリンク

「爪に火をともす」の例文

【日本語】「爪に火をともすような生活も結構だが、大金を貯めたいのなら、外へ働きに出たほうが得策ではないか?」
【英語】
to lead a stingy lifeto scrimp and saveto pinch penniesto light one’s fingernail./He will shave a whetstone./He will shave a whetstone.

タイトルとURLをコピーしました