ことわざ/月に叢雲、花に風(つきにむらくも、はなにかぜ)とは?

スポンサーリンク

「月に叢雲、花に風」意味と読み方

【表記】月に叢雲、花に風
【読み】つきにむらくも、はなにかぜ
【ローマ字】TSUKINIMURAKUMO,HANANIKAZE

【意味】
よい事にはとかくさしさわりが多いこと。
スポンサーリンク

説明

名月の夜には雲がかかってせっかくの月が見えず、満開の花には風が吹いて花を散らしたりする。転じて、良いことにはとかく邪魔が入りやすく、思うようにはいかないということ。良いこと、楽しいことにはとかく邪魔が入りやすく長続きしないというたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「叢雲」は「群雲」とも書き、群がり集まった雲のことをいう。

【出典元】-
【語源・由来】-

「月に叢雲、花に風」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

花に嵐/寸善尺魔/好事魔多し/花発いて風雨多し

【対義語】

【注意】
相性が良くないの意で使うのは誤り。 誤用例 「彼らはいつどんな時でも言い争いをしている。まるで月に叢雲、花に風のようだ」
スポンサーリンク

「月に叢雲、花に風」の例文

【日本語】「公私ともに絶好調な日々が続いていた時に、大病が発覚した。やはり人生は月に叢雲、花に風だ」
【英語】
Good luck comes by cuffing.

タイトルとURLをコピーしました