ことわざ/雨後の筍(うごのたけのこ)とは?

スポンサーリンク

「雨後の筍」意味と読み方

【表記】雨後の筍
【読み】うごのたけのこ
【ローマ字】UGONOTAKENOKO

【意味】
似たようなものが次々と現れ出ること。
スポンサーリンク

説明

雨が降った後は、筍が続々と生えてくることからいう。同じようなことが次々と起こることのたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】雨が降った後は、筍が続々と生えてくることからいう。

【出典元】-
【語源・由来】-

「雨後の筍」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

雨後の竹の子(うごのたけのこ)

【類義語】

【対義語】

【注意】
生長の早さの意味で使うのは誤り。誤用例 「子供が成長する早さは目をみはるばかりで、まるで雨後の筍のようだ」
スポンサーリンク

「雨後の筍」の例文

【日本語】「雨後の筍みたいに、あの一帯にはショッピングモールが次々と新設された」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました