ことわざ/馬も買わずに鞍を買う(うまもかわずにくらをかう)とは?

「馬も買わずに鞍を買う」意味と読み方

【表記】馬も買わずに鞍を買う
【読み】うまもかわずにくらをかう
【ローマ字】UMAMOKAWAZUNIKURAWOKAU

【意味】
物事の順序が反対なこと。

説明

本来なら、馬を買った後で馬の体に合わせて鞍を買うべきところを、馬を買うより先に鞍を買ってしまうことから。 物事の順序が逆であるたとえ。「鞍」は馬の背中に直接装着する馬具の為、馬の体格によってサイズを調整し大きさを考慮して購入するもの。

詳細

注釈、由来

【注釈】「鞍」とは、人が馬に騎乗する際に用いる馬具の一種。

【出典元】-
【語源・由来】本来なら、馬を買った後で馬に合わせて鞍を買うべきところを、馬を買うより先に鞍を買ってしまうという事から。

「馬も買わずに鞍を買う」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

馬の前に荷車をつけるな/本末転倒

【対義語】

【注意】

「馬も買わずに鞍を買う」の例文

【日本語】「免許を取る前に車を購入しただなんて、馬も買わずに鞍を買うようなものだ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました