ことわざ/馬には乗ってみよ人には添うてみよ(うまにはのってみよひとにはそうてみよ)とは?

「馬には乗ってみよ人には添うてみよ」意味と読み方

【表記】馬には乗ってみよ人には添うてみよ
【読み】うまにはのってみよひとにはそうてみよ
【ローマ字】UMANIHANOTTEMIYOHITONIHASOUTEMIYO

【意味】
物事はまず実際に経験してからよしあしを判断せよということl。

説明

いい馬かどうかは乗ってみないとわからないし、人間の善し悪しも付き合ってみなければわからない。何事も自分で経験して確かめないとわからないということ。後になれば、そのもののよさが初めてわかるのだから、始める前から軽々しく批判するのはよくないという戒め。元は縁談を勧めるようなときに、実際に結婚してみなければ相手の本当の人柄はわからないとして言ったことば。先入観だけで人を判断しないようにという意味もある。

詳細

注釈、由来

【注釈】馬には乗ってみなければ善し悪しがわからないし、人とは付き合ってみなければその人の性質はわからないということから。

【出典元】『毛吹草』
【語源・由来】江戸時代に松江重頼が刊行した俳諧論書「毛吹草」より。

「馬には乗ってみよ人には添うてみよ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

人には添うてみよ馬には乗ってみよ(ひとにはそうてみようまにはのってみよ)/人には会うてみよ、馬には乗りてみよ(ひとにはあうてみよ、うまにはのりてみよ)/人と馬には乗ってみよ添うてみよ(ひととうまにはのってみよそうてみよ)

【類義語】

人には会うてみよ馬には乗りてみよ/人は知れぬもの/人は見かけによらぬもの/人には添うて知れ馬は乗って知れ/馬を相するには輿を以てし士を相するには居を以てす/人と馬には乗ってみよ添うてみよ/馬には乗って鞍味を見よ/人には添うてみよ馬には乗ってみよ/人は上辺によらぬもの/案ずるより生むがやすし/人は見かけに似ぬもの/馬と武士は見かけによらぬ

【対義語】

石橋を叩いて渡る/念には念を入れよ

【注意】
結果の善し悪しがわからないことに使うのだから、おめでたい席で使うのは失礼にあたる。誤用例 「馬には乗ってみよ人には添うてみよと言いますから、とにかく二人で新婚生活を送ってみて下さい」

「馬には乗ってみよ人には添うてみよ」の例文

【日本語】「馬には乗ってみよ人には添うてみよだ、始める前から嫌がらないで、一度学校に通ってみたらどうだ」
【英語】
Try a horse by riding him, and judge a man by living with him./Just like you can’t judge a horse until you’ve ridden it./We understand things through experience./You can’t judge someone until you’ve spent time with them.

タイトルとURLをコピーしました