ことわざ/牛に対して琴を弾ず(うしにたいしてことをだんず)とは?

スポンサーリンク

「牛に対して琴を弾ず」意味と読み方

【表記】牛に対して琴を弾ず
【読み】うしにたいしてことをだんず
【ローマ字】USHINITAISHITEKOTOWODANNZU

【意味】
いくら立派な道理を説いて聞かせても、志の低い者や愚かな者には何の役にも立たないことのたとえ。
スポンサーリンク

説明

牛の前でどんな名曲を琴で弾いても、牛には何も響かないことから。中国、魯の国の公明儀が牛の前で琴の名曲を弾いて聞かせたが、牛は知らぬ顔で草を食っていたが、蚊やあぶの羽音、子牛の鳴き声に似せた音を出したところ、耳をそばだてたという。『祖庭事苑』より。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】牛の前でどんな名曲を琴で弾いても、牛には何も響かないという意味。

【出典元】「祖庭事苑」
【語源・由来】魯の公明儀が牛の前で名曲を琴で弾いたが、牛はただ草を食べるだけで何の興味も示さなかった。しかし蚊や虻の音、子牛の鳴き声のような音を琴で弾いて聞かせると、耳をそばだてて尾を振り歩き出したという。『祖庭事苑』より。

「牛に対して琴を弾ず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

牛に経文/暖簾に腕押し/牛の前に琴調べ/犬に論語/蛙の面に水/犬に小判/猫に胡桃をあずける/牛に説法馬に銭/馬の目に銭/牛に麝香/馬に経文/猫に石仏/馬の耳に念仏/犬に念仏猫に経/豚に真珠/豚に念仏猫に経/馬の耳に風/猫に小判/兎に祭文/馬耳東風

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「牛に対して琴を弾ず」の例文

【日本語】「彼には、何を言っても無駄だよ。牛に対して琴を弾ずようなものだ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました