ことわざ/山の芋鰻になる(やまのいもうなぎになる)とは?

「山の芋鰻になる」意味と読み方

【表記】山の芋鰻になる
【読み】やまのいもうなぎになる
【ローマ字】YAMANOIMOUNAGININARU

【意味】
起こるはずのないことが起こること。思いもよらないほど変化すること。

説明

いくら山芋が鰻のように細くて黒っぽいものだといえ、山芋が鰻になるなどあり得ないことから。世の中には山の芋が鰻になるような突拍子もない、思いがけないことが時として起こるというたとえ。また、普通の者が急に出世すること。

詳細

注釈、由来

【注釈】いくら山芋が鰻のように細くて黒っぽいものだといえ、山の芋が鰻になるなどあり得ないことが起こる意味から。

【出典元】-
【語源・由来】山の芋は鰻のように細くて黒っぽいが、山の芋が鰻になるというようなあり得ないことが起こるという意味から。

「山の芋鰻になる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

山の芋が鰻になる(やまのいもがうなぎになる)/山の芋鰻に化ける(やまのいもうなぎにばける)/蕪は鶉となり、山の芋鰻になる(かぶはうずらとなり、やまのいもうなぎになる)

【類義語】

山の芋が鰻になる/雀海中に入って蛤となる/蕪は鶉となり、山芋は鰻となる/蕪は鶉となり、山の芋鰻になる/田鼠化して鶉となる/鷹化して鳩となる/蕪化して鶉となる/山の芋鰻に化ける/腐草化して蛍となる

【対義語】

山の芋鰻とならず

【注意】

「山の芋鰻になる」の例文

【日本語】「あの万年平社員だった彼が、脱サラして商売を始めて、今じゃ年商一億円の社長だ。まさに山の芋鰻になるだよ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました