ことわざ/焼け野の雉子、夜の鶴(やけののきぎす、よるのつる)とは?

スポンサーリンク

「焼け野の雉子、夜の鶴」意味と読み方

【表記】焼け野の雉子、夜の鶴
【読み】やけののきぎす、よるのつる
【ローマ字】YAKENONOKIGISU,YORUNOTSURU

【意味】
子を思う親の情が深いこと。
スポンサーリンク

説明

キジは巣のある野を焼かれたら、自分の危険もかえりみず子を救おうとし、鶴は霜の降りる寒い夜に翼で子をおおって暖めることから。子を思う親の情愛が深いことのたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「雉子(きぎす)」はキジの古名。「雉」とも書く。

【出典元】-
【語源・由来】雉は自分の巣がある野が焼けだすと、身の危険をかえりみずに子を救うために戻るし、鶴は霜の降りる寒い夜に子を自分の翼でおおうことから。

「焼け野の雉子、夜の鶴」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

夜の鶴(よるのつる)

【類義語】

子を思う夜の鶴/夜鶴子を思う/子を思う鶴/熱火を子に払う/跳ね火子に払う/梁の燕は子故の闇に迷う/跳ね火、子に払う/熱火、子に払う

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「焼け野の雉子、夜の鶴」の例文

【日本語】「焼け野の雉子夜の鶴で、息子のためなら千里の道もいとわない」
【英語】
A mother’s heart is always with her children./Children when little make parents fools, when great, mad.

タイトルとURLをコピーしました