ことわざ/痩せ馬の声嚇し(やせうまのこえおどし)とは?

スポンサーリンク

「痩せ馬の声嚇し」意味と読み方

【表記】痩せ馬の声嚇し
【読み】やせうまのこえおどし
【ローマ字】YASEUMANOKOEODOSHI

【意味】
口先だけは威勢がよいが、実力がないこと。
スポンサーリンク

説明

痩せて弱々しい馬が、体に似合わず大きな声でいなないて、人を驚かせること。体に似合わず大きい声で人を脅すことから、口先だけは威勢がよいが、実力がないことの例え。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】痩せて弱々しい馬が、体に似合わず大きな声でいなないて、人を驚かせることから転じて。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「痩せ馬の声嚇し」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

痩子の大声/痩せ子の声高/痩子の声高/弱虫の強がり/弱い者の空威張り/痩せ子の大声

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「痩せ馬の声嚇し」の例文

【日本語】「彼はいつも口先だけ。まったく痩せ馬の声嚇しだ」
【英語】
The skinny of needless scare.

タイトルとURLをコピーしました