ことわざ/危ない橋を渡る(あぶないはしをわたる)とは?

スポンサーリンク

「危ない橋を渡る」意味と読み方

【表記】危ない橋を渡る
【読み】あぶないはしをわたる
【ローマ字】ABUNAIHASHIWOWATARU

【意味】
危険を冒して物事を行う。また、法律に違反するような手段や方法で仕事をする事。
スポンサーリンク

説明

今にも落ちそうな危険な橋を渡ることから。特に法に触れるような、すれすれのことをするときに使う。危険な手段をとることのたとえ。いまにも落ちそうな危険な橋を渡るという意から。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】今にも落ちそうな危険な橋を渡ることから。特に法に触れる、すれすれのことをするときに使う。

【出典元】-
【語源・由来】今にも腐り落ちそうな吊り橋を、危険だと知りながらあえて渡ることから転じてきている。

「危ない橋を渡る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

危険な橋を渡る(きけんなはしをわたる)

【類義語】

虎穴に入らずんば虎子を得ず/枝先に行かねば熟柿は食えぬ/剣の刃を渡る/危ない橋も一度は渡れ/虎穴に入らずんば虎子をえず/危ない枝に上がらねば熟柿は食えぬ/危険な橋を渡る

【対義語】

石橋を叩いて渡る/念には念を入れよ/転ばぬ先の杖/浅き川も深く渡れ/石橋に鉄の杖

【注意】
スポンサーリンク

「危ない橋を渡る」の例文

【日本語】「経営は破綻しそうだが、できれば危ない橋を渡るようなことはしたくない」
【英語】
Skating on thin icego out on a limb./stick one’s neck out.

タイトルとURLをコピーしました