ことわざ/武士は相身互い(ぶしはあいみたがい)とは?

「武士は相身互い」意味と読み方

【表記】武士は相身互い
【読み】ぶしはあいみたがい
【ローマ字】BUSHIHAAIMITAGAI

【意味】
この世は、人と人とが助け合って成り立っているという意味。

説明

武士という同じ立場にあるのだから、武士同士は互いに助け合って協力し合わねばならないということ。転じて、同じ境遇や身分にある者は互いに助け合う気持ちが大事だということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「相身互い」とは「相身互い身」の略で、同じ身分や立場の者が互いに助けあうことや、そういう間柄の意味。

【出典元】-
【語源・由来】「相身互い」とは「相身互い身」の略で、同じ身分や立場の者が互いに助けあう事。

「武士は相身互い」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

武士は相見互い(ぶしはそうみたがい)

【類義語】

武士は相互/侍は相互

【対義語】

【注意】

「武士は相身互い」の例文

【日本語】「同じ経営者同士、困ったことがあったらいつでも言ってくれ。武士は相身互いというものだ」
【英語】
mutual assistancemutual sympathy.

タイトルとURLをコピーしました