ことわざ/刎頸の交わり(ふんけいのまじわり)とは?

「刎頸の交わり」意味と読み方

【表記】刎頸の交わり
【読み】ふんけいのまじわり
【ローマ字】FUNNKEINOMAJIWARI

【意味】
殺されても悔いはないくらい親しい交際という意味。

説明

その友人のためなら首をはねられても悔いはないと思うほどの親しい交友関係ということ。春秋時代、趙の将軍の廉頗は、功績により自分より上位になった名臣の相如を恨んだ。しかし相如は二人が争いにより共倒れになることを懸念し、国のために争いを避けるつもりでいることを聞いた。それを聞いて廉頗は自分の考えを恥じ、深く反省し、相如へ謝罪に出かけて「お互い、首をはねられることがあっても、おれたちの固い絆は離れない。」と約束したという。なお、この交わりで結ばれた親友を「刎頸の友」という。

詳細

注釈、由来

【注釈】「刎頚」とは、首をはねること。

【出典元】「史記」
【語源・由来】中国前漢時代に歴史家・司馬遷によって編纂された中国の歴史書『史記』より。 「春秋時代、趙の将軍・廉頗は、功績により自分より上位になった名臣・藺相如を恨んだ。しかし相如は二人が争いにより共倒れになることを懸念し、国のために争いを避けるつもりでいることを聞いた廉頗は、自分の考えを恥じ、深く反省した。そして廉頗は相如へ謝罪をし、二人は互いのために頸を刎ねられても悔いはないとする誓いを結んだ。」という記述から。

「刎頸の交わり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

水魚の交わり/金蘭の契り/金石の交わり/管鮑の交わり/心腹の友/膠漆の交わり/魚と水/水魚の親/莫逆の友/刎頸の友/断金の交わり/断琴の交わり/断金の契り

【対義語】

【注意】
「刎頚」を「刎刑」と書くのは誤り。

「刎頸の交わり」の例文

【日本語】「彼らは学生時代からの付き合いで、喧嘩もたくさんしてきたらしいが、今では刎頸の交わりともいうべきかたい絆で結ばれている」
【英語】
A friend in need is a friend indeed.

タイトルとURLをコピーしました