ことわざ/茶腹も一時(ちゃばらもいっとき)とは?

【読み】ちゃばらもいっとき【意味】わずかなものでも、一時しのぎになること。【類義語】水腹も一時/湯腹も一時、松の木柱も三年/粥腹も一時/松の木柱も三年/湯腹も一時【対義語】ー

ことわざ/長所は短所(ちょうしょはたんしょ)とは?

【読み】ちょうしょはたんしょ【意味】見方を変えれば長所もその人の短所であるという意味。【類義語】水の達者が水で死ぬ/川立ちは川で果てる/河童の川流れ/得手に鼻突く/泳ぎ上手は川で死ぬ/善く泳ぐ者は溺れ、善く騎る者は堕つ/山立ちは山で果てる/過ちは好む所にあり/山師山で果てる【対義語】ー

ことわざ/提灯に釣鐘(ちょうちんにつりがね)とは?

【読み】ちょうちんにつりがね【意味】釣り合わないことや、比較にならないこと。【類義語】雲泥の差/天と地/霄壌の差/鍋蓋とすっぽん/鯨と鰯/月とすっぽん/駿河の富士と一里塚/瓢箪に釣り鐘/瓢箪に釣鐘/烏と鷺/箸に虹梁/雲泥万里/雪と墨/灯心に釣鐘/月と鼈【対義語】ー

ことわざ/智に働けば角が立つ(ちにはたらけばかどがたつ)とは?

【読み】ちにはたらけばかどがたつ【意味】理性だけで事にあたると他人と衝突するという意味。【類義語】―【対義語】―

ことわざ/頂門の一針(ちょうもんのいっしん)とは?

【読み】ちょうもんのいっしん【意味】急所をついた厳しい戒め。急所を押さえた教訓のたとえ。【類義語】寸鉄殺人すんてつさつじん/忠言逆耳/頂門須く更に金槌を下すべし/頂門の金椎/頂針【対義語】-

ことわざ/知恵は小出しにせよ(ちえはこだしにせよ)とは?

【読み】ちえはこだしにせよ【意味】一度に自分の知恵を全部出さない方がかえって良いという意味。【類義語】知恵は小出し【対義語】知恵は出し使い金は儲け使い

ことわざ/血で血を洗う(ちでちをあらう)とは?

【読み】ちでちをあらう【意味】悪事に対しては悪事で対処するという報復のことわざ。【類義語】兄弟牆に鬩ぐ/骨肉相食む/骨肉の争い【対義語】-

ことわざ/治に居て乱を忘れず(ちにいてらんをわすれず)とは?

【読み】ちにいてらんをわすれず【意味】平和な時でも万一の事を考えて準備を怠るなということ。【類義語】文事ある者は必ず武備あり/安に居て危を思う。/安に居て厄を思う/治まりて乱るるを忘れず/安きに危うきを忘れず/太平にも乱を忘るべからず【対義語】-

ことわざ/知恵は万代の宝(ちえはばんだいのたから)とは?

【読み】ちえはばんだいのたから【意味】すぐれた知恵は後世まで役立つ宝であるということ。【類義語】知恵は真珠に優れリ/知恵は真珠に優れり/知は金銀にまさる/持つは知るより来る/富は一生の宝、知は万代の宝/富は一生の財、知は万代の財【対義語】学者貧乏/軍者ひだるし儒者寒し

ことわざ/竹馬の友(ちくばのとも)とは?

【読み】ちくばのとも【意味】気の知れた幼ななじみの事。【類義語】騎竹の交わり/竹馬の好/鳩車竹馬の友【対義語】-
タイトルとURLをコピーしました