ことわざ/智に働けば角が立つ(ちにはたらけばかどがたつ)とは?

「智に働けば角が立つ」意味と読み方

【表記】智に働けば角が立つ
【読み】ちにはたらけばかどがたつ
【ローマ字】CHINIHATARAKEBAKADOGATATSU

【意味】
理性だけで事にあたると他人と衝突するという意味。

説明

知識や理性のみで動こうとすると、人間関係がぎすぎすするため穏やかに暮らせなくなるということ。「智に働けば角が立つ。情に掉させば流される、意地を通せば窮屈だ、兎角に人の世は住みにくい」夏目漱石の小説『草枕』の冒頭の部分より。『草枕』は熊本県玉名市にある温泉を舞台にした「非人情」の世界を描いた作品。

詳細

注釈、由来

【注釈】「智」は「知」とも書く。

【出典元】「草枕」
【語源・由来】夏目漱石の『草枕』冒頭にある「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」から。

「智に働けば角が立つ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
「角」を「つの」と読むのは誤り。

「智に働けば角が立つ」の例文

【日本語】「智に働けば角が立つと言うだろう。正論を言えば良いというものではない」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました