ことわざ/和して同ぜず(わしてどうぜず)とは?

【読み】わしてどうぜず【意味】君子は人と協調しても、人の意見に同調したり、妥協したりはしない。【類義語】従わず逆らわず/君子は和して同ぜず小人は同じて和せず/君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず【対義語】同じて和せず/付和雷同

ことわざ/和を以て貴しとなす(わをもってとうとしとなす)とは?

【読み】わをもってとうとしとなす【意味】この世の中では、人々が仲良くすることが最も大切だという意味。【類義語】-【対義語】-

ことわざ/藁にもすがる(わらにもすがる)とは?

【読み】わらにもすがる【意味】せっぱつまった状況になると、頼りにならないようなものにまで頼りにすること。【類義語】死にがけの念仏/溺れる者は藁をも掴む/切ない時の神頼み/叶わぬ時の神頼み/切ない時は茨も掴む/苦しい時の神頼み/今際の念仏誰でも唱える/術なき時の神頼み/困った時の神頼み/恐ろしい時の神頼み/悲しい時の神祈り/人窮すれば天を呼ぶ【対義語】-

ことわざ/笑う門には福来たる(わらうかどにはふくきたる)とは?

【読み】わらうかどにはふくきたる【意味】いつも明るくにこにこしている家庭には、自然と幸福が訪れるということ。【類義語】笑う所へ福来たる/祝う門/笑う家には福来たる/祝う門へ福来る/笑って損した者なし/祝う門に福来る/和気財を生ず【対義語】-

ことわざ/若い時の苦労は買ってでもせよ(わかいときのくろうはかってでもせよ)とは?

【読み】わかいときのくろうはかってでもせよ【意味】若い時の苦労は将来役に立つ貴重な経験となるから、自分から進んで苦労するほうがよいということ。【類義語】艱難汝を玉にす/苦労屈託身の薬/若い時の力瘤【対義語】-

ことわざ/割れ鍋に綴じ蓋(われなべにとじぶた)とは?

【読み】われなべにとじぶた【意味】どんな人にも、似合いの相手がいるというたとえ。【類義語】ねじれ釜にねじれ蓋/合わぬ蓋あれば合う蓋あり/破れ鍋に欠け蓋/似た者夫婦/合うた釜に似寄った蓋/牛は牛連れ、馬は馬連れ/曲がった釜に曲がった蓋/蓼食う虫も好き好き/曲がった釜には曲がった甑/似合い似合いの釜の蓋/似合う夫婦の鍋の蓋【対義語】-

ことわざ/禍を転じて福と為す(わざわいをてんじてふくとなす)とは?

【読み】わざわいをてんじてふくとなす【意味】身にふりかかった災難を、自分の役に立つようにすること。【類義語】災いを転じて福となす/失敗は成功の因/七転び八起き/しくじるは稽古のため/失敗は成功の母/禍福は糾える縄の如し/七転八起/失敗は成功を教える/失敗は成功のもと【対義語】-

ことわざ/渡りに船(わたりにふね)とは?

【読み】わたりにふね【意味】望んでいるものや、必要なものが、都合よくそろうこと。【類義語】地獄で仏に会ったよう/干天の慈雨/地獄に仏/日照りに雨/闇夜に灯火/闇夜の提灯/大海に木片/得手に帆を揚げる/闇夜に提灯/真帆に追手【対義語】―

ことわざ/渡る世間に鬼はなし(わたるせけんにおにはなし)とは?

【読み】わたるせけんにおにはなし【意味】世の中には無慈悲な人ばかりではなく、情け深い人もいるという意味。【類義語】渡る世間に鬼はない/寝せる神あれば起こす神あり/旅は道連れ世は情け/地獄で仏/仏千人神千人/浮世に鬼はない/浮き世に鬼はない/渡る世界に鬼はない/棄てる神あれば拾う神あり/捨てる神あれば拾う神あり/知らぬ他国にも鬼はない/倒す神あれば起こす神あり/地獄にも鬼ばかりはいない【対義語】人を見たら泥棒と思え/寺の隣にも鬼が住む/人を見たら鬼と思え

ことわざ/若気の至り(わかげのいたり)とは?

【読み】わかげのいたり【意味】若さにまかせて、無分別な行いをしてしまうこと。【類義語】若気の無分別/若気の過ち/若気の誤り【対義語】―
タイトルとURLをコピーしました