ことわざ/藁にもすがる(わらにもすがる)とは?

「藁にもすがる」意味と読み方

【表記】藁にもすがる
【読み】わらにもすがる
【ローマ字】WARANIMOSUGARU

【意味】
せっぱつまった状況になると、頼りにならないようなものにまで頼りにすること。

説明

溺れたときに藁にすがっても助かるはずなどないが、非常に困窮したときには役に立たないものにまですがろうとするということ。非情に困って、まったく頼りにならないものでも当てにするというたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「すがる」は、「縋る」、「攀る」とも書く。

【出典元】-
【語源・由来】-

「藁にもすがる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

溺れる者は藁にもすがる(おぼれるものはわらにもすがる)

【類義語】

死にがけの念仏/溺れる者は藁をも掴む/切ない時の神頼み/叶わぬ時の神頼み/切ない時は茨も掴む/苦しい時の神頼み/今際の念仏誰でも唱える/術なき時の神頼み/困った時の神頼み/恐ろしい時の神頼み/悲しい時の神祈り/人窮すれば天を呼ぶ

【対義語】

【注意】
「溺れる者は”藁をも掴む”」と混同して「藁をもすがる」というのは誤り。

「藁にもすがる」の例文

【日本語】「藁にもすがる思いで頼ってきた人からお金を騙し取るなんて、きっと天罰が当たるだろうね」
【英語】
The danger past and God forgotten.

タイトルとURLをコピーしました