ことわざ/提灯持ち(ちょうちんもち)とは?

スポンサーリンク

「提灯持ち」意味と読み方

【表記】提灯持ち
【読み】ちょうちんもち
【ローマ字】CHOUCHINNMOCHI

【意味】
他人の手先に使われたり、その人を宣伝しほめてまわること。
スポンサーリンク

説明

夜道などでみんなの先頭に立って提灯を持ち、あとから来る人の足元を照らす役の意味。人の手先となる人。人にへつらってその人をほめてまわることや、そうする人のこと。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】提灯を持って先頭に立ち、暗い夜道を導く役のことから。

【出典元】-
【語源・由来】夜道などでみんなの先頭に立って提灯を持ち、あとから来る人の足元を照らす役のことから。

「提灯持ち」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

太鼓持ち/太鼓持

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「提灯持ち」の例文

【日本語】「彼はいつも権力者の提灯持ちだ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました