ことわざ/断琴の交わり(だんきんのまじわり)とは?

「断琴の交わり」意味と読み方

【表記】断琴の交わり
【読み】だんきんのまじわり
【ローマ字】DANNKINNNOMAJIWARI

【意味】
非常に親密な友情。

説明

春秋時代、琴の名手であった伯牙は、自分の琴の音を心から理解してくれた鐘子期をたった一人の親友としていた。鐘子期の死後、伯牙は琴の絃を断ち切り、二度と弾くことはなかったという『呂氏春秋・本味』にある故事に基づく。深い友情で結ばれた親しい交わりのこと。金を断ち切るほどに堅い交際という意味。「断金の契り」ともいう。中国、春秋時代、琴の名手伯牙が、自分の奏でる琴の音を真に理解した親友の鍾子期の死を嘆き、琴の弦を断ち、再び琴を手にすることはなかったという故事から。

詳細

注釈、由来

【注釈】「断琴」とは、琴の名手である伯牙が、友人以外誰も自分の音楽を理解してくれないと思い、大切にしていた琴を止めてしまったことから。

【出典元】「呂氏春秋」本味
【語源・由来】「呂氏春秋」孝行覧・本味より出典。 春秋時代の琴の名手であった伯牙は、自分の奏でる琴の音を理解してくれた鍾子期を唯一の友としたが、その友の死後には絃を断ち切り、二度と琴を弾くことはなかった。という故事に基づいている。この故事から、「知音」(音楽を理解する者)という言葉が生まれ、のちに「心を許し合う友」という意味で使われるようになったとされる。

「断琴の交わり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

竹馬の友/断金伐木の契り/琴の緒絶ゆ/伯牙、琴を破る/断金の契り/断金の交わり/水魚の親/子期死して伯牙復琴をかなでず/魚と水/膠漆の交わり/刎頸の友/金石の交わり/莫逆の友/心腹の友/刎頸の交わり/金蘭の契り/水魚の交わり/知音/管鮑の交わり/断琴の契り

【対義語】

【注意】

「断琴の交わり」の例文

【日本語】-
【英語】
To become sworn friends./Inseparable friendship.

タイトルとURLをコピーしました