ことわざ/分別過ぐれば愚に返る(ふんべつすぐればぐにかえる)とは?

「分別過ぐれば愚に返る」意味と読み方

【表記】分別過ぐれば愚に返る
【読み】ふんべつすぐればぐにかえる
【ローマ字】FUNNBETSUSUGUREBAGUNIKAERU

【意味】
物事はあまり考えすぎると、かえって迷って失敗するという意味。

説明

あまり深く考え過ぎると、かえって失敗するということ。「分別」は思慮の意で、考えすぎも行き過ぎてしまって失敗するという事。

詳細

注釈、由来

【注釈】「分別」とは、物事の是非や損得などをよく考えること。

【出典元】-
【語源・由来】「分別」とは、物事の是非や損得などをよく考えることで、物事を考えるのも行き過ぎてしまっては失敗を招くという事から。

「分別過ぐれば愚に返る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

分別過ぎれば愚に返る(ぶんべつすぎればぐにかえる)

【類義語】

過ぎたるは猶及ばざるが如し/薬も過ぎれば毒になる/名の木も鼻につく/及ばぬは猶過ぎたるに勝れり/及ばざるは猶過ぎたるに勝れり/彩ずる仏の鼻を欠く/礼も過ぎれば無礼になる/念の過ぐるは無念/薬も過ぎれば毒となる

【対義語】

念には念を入れよ

【注意】

「分別過ぐれば愚に返る」の例文

【日本語】「分別過ぐれば愚に返るというから、最初に決めた方針で良いのではないか」
【英語】
Too much discretion becomes stupidity.

タイトルとURLをコピーしました