ことわざ/眼光紙背に徹す(がんこうしはいにてっす)とは?

「眼光紙背に徹す」意味と読み方

【表記】眼光紙背に徹す
【読み】がんこうしはいにてっす
【ローマ字】GANNKOUSHIHAINITESSU

【意味】
書物を読んで、字句を解釈するだけでなく、奥にある深い意味をも読み取ること。

説明

目の光が紙の裏側まで見通すほど読解力が鋭いということ。書物の表面上の意味だけでなく、背後にある真意をも読み取ることのたとえ。読解力が鋭いことのたとえ。紙の裏まで見通すという意味。紙の裏側まで見通すということから転じたことわざ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「眼光」は、物をじっと見つめる時の目の光のこと。「徹する」は、奥深くに貫いて達するということ。

【出典元】-
【語源・由来】「眼光(がんこう)」は、物をじっと見つめる時の目の光のこと。 「徹する(てっする)」は、奥深くに貫いて達するということ。 眼の光が紙の裏側まで通るほど、深く読むということ。

「眼光紙背に徹す」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

眼光紙背に徹する(がんこうしはいにてっする)/眼光紙背に徹る(がんこうしはいにとおる)/眼紙背に透る(がんしはいにとおる)

【類義語】

行間を読む/眼光紙背に徹する/眼紙背に透る

【対義語】

【注意】
何度も繰り返し読むという意味ではない。誤用例 「眼光紙背に徹するほど何度も読んだのに、未だに真意がわからない」

「眼光紙背に徹す」の例文

【日本語】「もっと経験を積み、年をとったとき、眼光紙背に徹すれば君もこの法典が理解できるだろう」
【英語】
To read between the lines./Be able to read between the lines.

タイトルとURLをコピーしました