ことわざ/花より団子(はなよりだんご)とは?

「花より団子」意味と読み方

【表記】花より団子
【読み】はなよりだんご
【ローマ字】HANAYORIDANNGO

【意味】
風流より実利を選ぶこと。外観よりも内容を選ぶこと。

説明

美しい花を見るより、茶店の団子を食べるほうがよいという意から、外観よりも実質を、虚栄より実益を重んじることのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】花見に行っても、見ていて美しい桜の花より、腹の足しになる茶店のおいしい団子を喜ぶことから。

【出典元】『江戸いろはかるた』『尾張いろはかるた』
【語源・由来】花見に行っても、桜よりも茶店の団子を喜ぶことが由来。

「花より団子」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

花の下より鼻の下/詩を作るより田を作れ/一中節より鰹節/義理張るより頬張れ/酒なくて何の己が桜かな/理詰めより重詰め/見栄張るより頬張れ/恋するより徳をしろ/見栄えるより頬張れ/名を捨てて実を取る/色気より食い気

【対義語】

【注意】
「花見より団子」というのは誤り。

「花より団子」の例文

【日本語】「花より団子で、表彰状よりも金一封でも貰ったほうがありがたかった」
【英語】
Bread is better than the songs of birds./Better have meat than fine clothes./Pudding before praise.

タイトルとURLをコピーしました