ことわざ/一難去ってまた一難(いちなんさってまたいちなん)とは?

「一難去ってまた一難」意味と読み方

【表記】一難去ってまた一難
【読み】いちなんさってまたいちなん
【ローマ字】ICHINANNSATTEMATAICHINANN

【意味】
災難が次々と襲ってくること。

説明

ほっとする間もなく続いて別の難が襲いかかることをいう。災難が次々と襲ってくるたとえ。一つの災難を逃れてほっとしている暇もなく、新たに別の災難が降りかかること。また、次々と災難に見舞われて困惑すること。

詳細

注釈、由来

【注釈】「一難」の「難」は困難や災難の意味。

【出典元】-
【語源・由来】-

「一難去ってまた一難」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

一難去ればまた一難(いちなんさればまたいちなん)/一難去れば一難来る(いちなんさればまたいちなんくる)

【類義語】

前門の虎後門の狼/火避けて水に陥る/追っ手を防げば搦め手へ回る/前虎後狼/虎口を逃れて竜穴に入る/火を避けて水に陥る/前門の虎、後門の狼/禍去って禍また至る

【対義語】

【注意】
「一難過ぎてまた一難」「一難過ぎればまた一難」は誤り。

「一難去ってまた一難」の例文

【日本語】「父親が肺がんを患って入院した。手術も無事に終わったところで、今度は母親の大腸がんが見つかった。一難去ってまた一難だ」
【英語】
Out of the frying pan into the fire./To take one foot out of the mire and put in the other./If the Bermudas let you pass, you must beware of Hatteras.

タイトルとURLをコピーしました