ことわざ/言いたいことは明日言え(いいたいことはあすいえ)とは?

「言いたいことは明日言え」意味と読み方

【表記】言いたいことは明日言え
【読み】いいたいことはあすいえ
【ローマ字】IITAIKOTOHAASUIE

【意味】
言いたいことがあったら、一晩じっくり考えてから言ったほうが、失言をせずにすむという意味。

説明

何か気に入らないようなことがあったとしても、思いついたその場で言うのではなく、一晩じっくりと考えて、どうしても言いたいのであれば、次の日に言ったほうが、失言したり、相手を傷つけることもないということから。、

詳細

注釈、由来

【注釈】腹を立てたり感情的になったりしたとき、思ったことをすぐ口に出せば失言をしたり、自分の醜態をさらすなどして後悔をすることが多いから注意せよということ。時間をおいて一晩考え、翌日心が落ち着いたときに言ったほうがよいという教え。

【出典元】-
【語源・由来】何か気に入らないようなことがあったとしても、思いついたその場で言うのではなく、 一晩じっくりと考えて、どうしても言いたいのであれば、次の日に言ったほうが、 失言したり、相手を傷つけることもないということから。特に、腹を立てたり 感情的になったりした時の注を促す言葉。

「言いたいことは明日言え」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

腹の立つ事は明日言え/月日変われば気も変わる/腹の立つことは明日言え

【対義語】

【注意】

「言いたいことは明日言え」の例文

【日本語】「言いたいことは明日言えというから、とりあえず今日は我慢しよう」
【英語】
Think twice before you speak.

タイトルとURLをコピーしました