ことわざ/焦眉の急(しょうびのきゅう)とは?

「焦眉の急」意味と読み方

【表記】焦眉の急
【読み】しょうびのきゅう
【ローマ字】SHOUBINOKYUU

【意味】
危険がさし迫っている状態。切迫している状況。

説明

眉毛が焦げるほど近くまで火が迫っていて、きわめて危険な状態である意味から。危険が差し迫っていること。また、事態が切迫していること。眉毛を焦がすほどに、火が迫っているという意から。火が眉を焦がすほどに迫っていることから転じたことば。眉毛が焦げるほどに火が迫っていて、極めて危険な状態である意味から。危険が差し迫っていること。非常に切迫して急を要する事態。

詳細

注釈、由来

【注釈】眉毛が焦げるほど近くまで火が迫っていて、きわめて危険な状態である意味から。

【出典元】「五灯会元」
【語源・由来】『五灯会元』の「切迫する事態とはどんな事だ?」との問いに「火が眉をやく時だ」と答えたという中国の禅問答故事による言葉。

「焦眉の急」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

眉毛に火がつく/涸轍鮒魚/轍に息づく鮒/眉に火がつく/尻に火がつく/焼眉の急/轍鮒の急/牛蹄の魚/涸轍の鮒

【対義語】

【注意】

「焦眉の急」の例文

【日本語】「今日中に緊急会議を開かねばならない。焦眉の急だ」
【英語】
an imminent danger.

タイトルとURLをコピーしました