ことわざ/蟹は甲羅に似せて穴を掘る(かにはこうらににせてあなをほる)とは?

「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」意味と読み方

【表記】蟹は甲羅に似せて穴を掘る
【読み】かにはこうらににせてあなをほる
【ローマ字】KANIHAKOURANINISETEANAWOHORU

【意味】
人は自分の身分や力量に応じた望みを持ち、行動するという意味。

説明

蟹は、大きければ大きいなりに、小さければ小さいなりに、それぞれ自分の体に合った穴を掘って住む穴を作ることから、人間も自分の身分や力量に応じた言動をするということ。人はそれぞれ自分の身分や力量に応じた考え方や行動をするというたとえ。「鳥は翼に従って家を作る」と続く。

詳細

注釈、由来

【注釈】蟹は、自分の体に合った穴を掘って住む穴を作ることから。

【出典元】-
【語源・由来】カニは生態上、自分の甲羅の大きさに合った穴(小さい甲羅だったら、小さい穴。大きい甲羅だったら大きな穴。)を掘って住む穴を作ることから由来がきている。

「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

蟹は甲に似せて穴を掘る(かにはこうににせてあなをほる)

【類義語】

蟹は甲に似せて穴を掘る/一升枡に二升は入らぬ/根性に似せて家を作る/鳥は翼に従って巣を作る/升枡に二升は入らぬ

【対義語】

【注意】

「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」の例文

【日本語】「蟹は甲羅に似せて穴を掘るというが、今の自分の仕事は分不相応だと思うことがある」
【英語】
Cut your coat according to your cloth./Everyone stretches his legs according to the length of his coverlet./The crab digs a hole that fits its shell.

タイトルとURLをコピーしました