ことわざ/勘定合って銭足らず(かんじょうあってぜにたらず)とは?

「勘定合って銭足らず」意味と読み方

【表記】勘定合って銭足らず
【読み】かんじょうあってぜにたらず
【ローマ字】KANNJOUATTEZENITARAZU

【意味】
理論と実際とが一致しないこと。

説明

帳簿上では収支の計算が合って儲かっているはずなのに、手元の現金を数えてみると足りないことから、理論と実際とはなかなか一致しないということ。理論と実際とが一致しないことのたとえ。計算に間違いはないが、現金が不足しているということから転じたことわざ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「勘定」は、金額の計算のことで帳簿のことをいう。

【出典元】-
【語源・由来】-

「勘定合って銭足らず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

勘定合って金足らず(かんじょうあってかねたらず)

【類義語】

算用合って銭足らず/勘定合って金足らず

【対義語】

【注意】

「勘定合って銭足らず」の例文

【日本語】「彼の計算はいつも正しくて立派だが、会社の経営はいつも上手くいっていない。勘定合って銭足らずなのだ」
【英語】
A fool often finds himself short of his reckoning./The account is correct, but not a six pence appears.

タイトルとURLをコピーしました