ことわざ/風邪は万病の元(かぜはまんびょうのもと)とは?

スポンサーリンク

「風邪は万病の元」意味と読み方

【表記】風邪は万病の元
【読み】かぜはまんびょうのもと
【ローマ字】KAZEHAMANNBYOUNOMOTO

【意味】
風邪はあらゆる病気のもとであるから、たかが風邪と油断してはいけないということ。
スポンサーリンク

説明

風邪だからといって油断をしていると重症な病気に繋がる切っ掛けになるため、決して油断してはいけないということ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】風邪は誰もがひくものだと軽視されがちだが、こじれると様々な合併症を引き起こすことから。「もと」は、「本」「因」とも書く。

【出典元】-
【語源・由来】通常、風邪はすぐに治る病気ではあるが、そうだからといってあなどると合併症を引き起こし、肺炎や髄膜炎と言った様々な病気に発展してしまうことから転じてきている。

「風邪は万病の元」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

風邪は百病の長(かぜはひゃくびょうのちょう)/風邪は百病のもと(かぜはひゃくびょうのもと)

【類義語】

風邪は百病の長/風邪は百病の始まり

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「風邪は万病の元」の例文

【日本語】「風邪は万病の元というから、軽くみないで病院へ行ったほうがよい」
【英語】
・A cold can lead to more serious illnesses.・There are a lot of cold-related illnesses.

タイトルとURLをコピーしました