ことわざ/火中の栗を拾う(かちゅうのくりをひろう)とは?

「火中の栗を拾う」意味と読み方

【表記】火中の栗を拾う
【読み】かちゅうのくりをひろう
【ローマ字】KACHUUNOKURIWOHIROU

【意味】
自分の利益にならないのに、他人のために危険を冒すこと。

説明

17世紀のフランスの詩人ラ・フォンテーヌによるフランスの寓話「猿と猫」(Lesingeetlechat)で、ずるい猿におだてられた猫が、囲炉裏の中で焼けている栗を拾ったが、栗は猿に食べられてしまい、猫はやけどをしただけだったという話から生まれたフランスのことわざ。自分ではなく他人の利益のために、そそのかされ危険をおかし、酷い目にあうことのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「火中」とは、火の中のこと。他人の利益のために、危険を冒すことわざ。

【出典元】ラ・フォンテーヌ「猿と猫」
【語源・由来】十七世紀のフランスの詩人ラ・フォンテーヌが『イソップ物語』を基にした寓話で、ずるい猿におだてられた猫が、囲炉裏の中で焼けている栗を拾ったが、栗は猿に食べられてしまい、猫はやけどをしただけだったという話から生まれたフランスのことわざ。 他人の利益のために危険をおかすことのたとえ。

「火中の栗を拾う」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

熱鉄を飲む/白刃を踏む/一髪千鈞を引く/手を出して火傷する/鳶に油揚げを攫われる/月夜に釜を抜かれる

【対義語】

【注意】

「火中の栗を拾う」の例文

【日本語】「今そんな仕事を引き受けるなんて、火中の栗を拾うようなものだ。君には何のメリットもないし、会社からいいように利用されているだけじゃないか」
【英語】
Take the chestnuts out of the fire with the cat’s paw./To take a risk for someone./To run risks for others./Pull (someone else’s) chest nuts out of the fire./Pull someone else’s chestnuts out of the fire.

タイトルとURLをコピーしました