ことわざ/昨日は人の身、今日は我が身(きのうはひとのみ、きょうはわがみ)とは?

スポンサーリンク

「昨日は人の身、今日は我が身」意味と読み方

【表記】昨日は人の身、今日は我が身
【読み】きのうはひとのみ、きょうはわがみ
【ローマ字】KINOUHAHITONOMI,KYOUHAWAGAMI

【意味】
人の運命は予測しがたく、他人にふりかかった災難が、いつ自分にもふりかかるかわからないということ。
スポンサーリンク

説明

人の運命はいつどのように変わるか予測できないものであって、災難はいつ誰の身に降りかかってくるか予測できないものだという事。他人事だとと思わず用心すべきという事。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】昨日他人に降りかかった災難が、今日は自分の身に降りかかってくるかもしれないのだから、他人事だと思ってはいけないという戒め。

【出典元】-
【語源・由来】昨日他人に降りかかった災難が、今日は自分の身に降りかかってくるかもしれない事から。

「昨日は人の身、今日は我が身」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

昨日は人の上、今日は我が上(きのうはひとのうえ、きょうはわがうえ)

【類義語】

人の上に吹く風は我が身に当たる/浮世は回り持ち/人の事は我の事 /今日は人の上、明日は我が身の上

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「昨日は人の身、今日は我が身」の例文

【日本語】「昨日は人の身、今日は我が身で、まさか自分がリストラを言い渡されるなんて思わなかった」
【英語】
Today you, tomorrow me.(今日は貴方、明日は私)

タイトルとURLをコピーしました