ことわざ/癖ある馬に乗りあり(くせあるうまにのりあり)とは?

スポンサーリンク

「癖ある馬に乗りあり」意味と読み方

【表記】癖ある馬に乗りあり
【読み】くせあるうまにのりあり
【ローマ字】KUSEARUUMANINORIARI

【意味】
少しの難はあっても、使い方次第でどうにかなるということ。
スポンサーリンク

説明

一癖ある者でも、扱い方次第では個性を生かして使うことができるという事。かえって使いがいがあるという事。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】一癖あるような馬でも、乗り方によっては才能をいかんなく発揮できることから。

【出典元】-
【語源・由来】一癖あるような馬でも、乗り方によっては才能をいかんなく発揮できる事から。

「癖ある馬に乗りあり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

人食い馬にも合い口 /かぶり馬にも合い口/蹴る馬も乗り手次第

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「癖ある馬に乗りあり」の例文

【日本語】「癖ある馬に乗りありで、彼は癖があってやっかいだが、扱い方次第では誰にも負けない力を発揮するだろう」
【英語】
・Horse with a habit, there is a ride.・Because the horse is a habit, because there is a saving grace.

タイトルとURLをコピーしました