ことわざ/騏驎も老いては駑馬に劣る(きりんもおいてはどばにおとる)とは?

「騏驎も老いては駑馬に劣る」意味と読み方

【表記】騏驎も老いては駑馬に劣る
【読み】きりんもおいてはどばにおとる
【ローマ字】KIRINNMOOITEHADOBANIOTORU

【意味】
優れた人物も、年老いて衰えると、その働きや能力が凡人にも及ばなくなること。

説明

騏驎のようなすぐれた名馬であっても、年老いると足ののろい駄馬以下になるという意味から、いかにすぐれた人物であっても老いによってその才覚は鈍り、普通の人にも劣るようになるということ。「騏驎」と「麒麟」とするのは誤りではあるが、古代中国では「騏驎」と「麒麟」は、「平和の象徴」として扱うこともあった。そもそも「騏驎」という字の由来は、キリン(麒麟)のように足の速い馬の意からきているという説もある。中国前漢の学者・劉向が言説、国策、献策、逸話を国別に編集し、まとめ上げた書物『戦国策・斉策』に「騏驎の衰うるや、駑馬これに先んじ、孟賁の疲るるや、女子これに優る」という記述から。

詳細

注釈、由来

【注釈】「騏驎」とは、一日に千里も走るすばらしい馬を指す。もしくは、駿馬のことをいう。「騏驎」は、伝説の聖獣「麒麟」ではない。「馬」と「鹿」の編が違うので注意。「駑馬」とは、足ののろい駄馬。転じて、平凡な馬・愚かな馬のことをいう。「騏驎」は「きき」とも読む。

【出典元】「戦国策」斉策
【語源・由来】『戦国策・斉策』に「騏驎の衰うるや、駑馬これに先んじ、孟賁の疲るるや、女子これに優る」とある。

「騏驎も老いては駑馬に劣る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

老いては騏驎も駑馬に劣る(おいてはきりんもどばにおとる)

【類義語】

昔の剣今の菜刀/昔千里も今一里/老いては子に従え

【対義語】

老馬の智/亀の甲より年の功/老いたる馬は道を忘れず/昔取った杵柄/腐っても鯛

【注意】
「麒麟も老いては駑馬に劣る」と書くのは誤り。

「騏驎も老いては駑馬に劣る」の例文

【日本語】「日本中を熱狂の渦に巻き込んだあのピッチャーも、今となっては見る影もない。騏驎も老いては駑馬に劣るものだね」
【英語】
Even hares pull a lion by the bread when he is dead.

タイトルとURLをコピーしました