ことわざ/起死回生(きしかいせい)とは?

スポンサーリンク

「起死回生」意味と読み方

【表記】起死回生
【読み】きしかいせい
【ローマ字】KISHIKAISEI

【意味】
瀕死の状態から生き返ったという意味で、明らかに無理な状態でも、なんとか持ち直した時などに使う。
スポンサーリンク

説明

瀕死の状態から立ち直ったという意味で、医療が優れているという形容。医療だけではなく、負けそうな戦から持ち直した時にも使う。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「起死」も「回生」も、死人を生き返らせるという意味。

【出典元】「太平広記」
【語源・由来】中国北宋時代に成立した類書のひとつ『太平広記』の『女仙伝』において、仙女・太玄女が起死廻生の術で多くの人命を救ったとする話が由来とされている。

「起死回生」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

回生起死(かいせいきし)

【類義語】

起死再生/捲土重来

【対義語】

再起不能

【注意】
スポンサーリンク

「起死回生」の例文

【日本語】「起死回生の一発逆転で、決勝戦まで進むことができた」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました