ことわざ/岐路亡羊(きろぼうよう)とは?

スポンサーリンク

「岐路亡羊」意味と読み方

【表記】岐路亡羊
【読み】きろぼうよう
【ローマ字】KIROBOUYOU

【意味】
道が多方面に別れ、目的を見失うという意味。
スポンサーリンク

説明

中国戦国時代、漢の楊子の隣家で羊を逃がし大勢で追いかけたが、分かれ道が多くて見失ってしまった。その話を聞いた思想家・楊朱は、学問の仕方もそれと同じで、方法がいくつにも分かれているので学者は真の生き方がわからないと悲しんだという故事に基づく。 現在の情報過多によって、答えが分かりにくいという人もいるが、情報を主査選択することは今も昔も同じようである。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「岐」は、枝道・分かれ道。「亡」は、逃げるという意。

【出典元】「列子」
【語源・由来】「列子」 説符に「大道以多岐亡羊、学者以多方喪生(別れ道が多く羊を見失うかのように、方向性を見失う学者もいる。)」 とある。

「岐路亡羊」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

多岐亡羊/亡羊の嘆

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「岐路亡羊」の例文

【日本語】-
【英語】
In too much dispute truth is lost.(論じすぎると真理が見失われる)

タイトルとURLをコピーしました