ことわざ/槿花一日の栄(きんかいちじつのえい)とは?

スポンサーリンク

「槿花一日の栄」意味と読み方

【表記】槿花一日の栄
【読み】きんかいちじつのえい
【ローマ字】KINNKAICHIJITSUNOEI

【意味】
栄華のはかないこと。
スポンサーリンク

説明

ムクゲは夏から秋にかけて咲く花で、朝開いて夕方しぼむことから、はかないもののたとえとして使われる。人の盛りの華やかさも、ムクゲの花と同じようにはかないものだということ。栄華が長続きしないことのたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「槿花」はムクゲの花のこと。

【出典元】白居易・詩「放言」
【語源・由来】「槿花一日自為榮。槿花は一日なるも自ずから榮と為(な)す。」白居易の「放言」より。

「槿花一日の栄」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

槿花一朝の夢(きんかいっちょうのゆめ)

【類義語】

槿花一朝の夢/朝顔の花一時/花一時人一盛り

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「槿花一日の栄」の例文

【日本語】「槿花一日の栄というから、一分一秒を無駄にしないで生きたい」
【英語】
Today a man, tomorrow a mouse.

タイトルとURLをコピーしました