ことわざ/口自慢の仕事下手(くちじまんのしごとべた)とは?

スポンサーリンク

「口自慢の仕事下手」意味と読み方

【表記】口自慢の仕事下手
【読み】くちじまんのしごとべた
【ローマ字】KUCHIJIMANNNOSHIGOTOBETA

【意味】
口は達者だが、仕事はさっぱりできないこと。
スポンサーリンク

説明

口だけは達者だが、仕事がさっぱりできない事。また、そのような人の事。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】多弁な者は口ばかり動いて、手が動かないことから。

【出典元】-
【語源・由来】多弁な者は口ばかり動いて、手が動かず仕事が捗らないことが多い事から。

「口自慢の仕事下手」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

口叩きの手足らず/空き樽は音が高い/能無しの口叩き/口では親船も造る/口では大阪の城も建つ/理屈上手の行い下手 /口上手の商い下手

【対義語】

口も八丁手も八丁/手八丁口八丁/物言わずの早細工

【注意】
スポンサーリンク

「口自慢の仕事下手」の例文

【日本語】「口自慢の仕事下手とは、まさに彼女のような人のことだね」
【英語】
・A long tongue is a sign of a short hand.・A mouth is boast however, he is poor at work.・You cackle often, but never lay an egg.・ A talkative person does not work.

タイトルとURLをコピーしました