ことわざ/癖ある馬に能あり(くせあるうまにのうあり)とは?

「癖ある馬に能あり」意味と読み方

【表記】癖ある馬に能あり
【読み】くせあるうまにのうあり
【ローマ字】KUSEARUUMANINOUARI

【意味】
一癖ある者こそ、何か特別な才能の持ち主である場合が多いという意味。

説明

癖のある馬の方が、他の馬とは違う特別な才能を持っている意味。癖のある人ほど、凡人とは違う能力を持っているものだという事。

詳細

注釈、由来

【注釈】「能」とは、有能、才能のことをさす。

【出典元】-
【語源・由来】悍馬と呼ばれる荒馬は足が速いといったように、悪い癖を持つ馬は他の馬以上の長所を持つという事から。 癖のある馬の方が、他の馬とは違う特別な才能を持っている事から。

「癖ある馬に能あり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

名馬に癖あり/かぶり馬にも合い口/癖ある馬に乗りあり/蹴る馬も乗り手次第/人食らい馬にも合い口/癖なき馬は行かず/噛む馬にも合い口

【対義語】

沈香も焚かず屁もひらず

【注意】

「癖ある馬に能あり」の例文

【日本語】「癖ある馬に能ありで、彼は扱いにくいが才能はあふれている」
【英語】
A peculiar person is capable./A peculiar horse is capable.

タイトルとURLをコピーしました