ことわざ/苦肉の策(くにくのさく)とは?

スポンサーリンク

「苦肉の策」意味と読み方

【表記】苦肉の策
【読み】くにくのさく
【ローマ字】KUNIKUNOSAKU

【意味】
苦し紛れに考え出したやむをえない手段のこと。
スポンサーリンク

説明

「苦肉」とは、敵をあざむくために自分の身や味方を苦しめること。苦し紛れの手段という意味は、「苦」という言葉の連想からいうようになったもの。相手を欺くために、自分の身や味方を苦しめてまで行う策略。敵を欺くために、わざと見方の者から自分の肉体に苦痛を受けて、敵陣に逃げ込み相手の軍情を探ろうとする計画。従来は日本の造語とされていた。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「苦肉」とは、自分の肉体や味方を苦しめること。

【出典元】『三国志演義』
【語源・由来】『三国志演義』より。 敵を欺くために、わざと見方の者から自分の肉体に苦痛を受けて、敵陣に逃げ込み相手の軍情を探ろうとする計画。従来は日本の造語とされていた。

「苦肉の策」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

苦肉の計/苦肉の謀/反間の計

【対義語】

【注意】
「国苦の策」「苦に苦の策」と書くのは誤り。
スポンサーリンク

「苦肉の策」の例文

【日本語】「苦肉の策で、不本意ではあるが、吸収合併に合意する」
【英語】
A scheme to create dissessions in the rival camp./A plan to deceive the enemy by self-torture.

タイトルとURLをコピーしました