ことわざ/鯖を読む(さばをよむ)とは?

「鯖を読む」意味と読み方

【表記】鯖を読む
【読み】さばをよむ
【ローマ字】SABAWOYOMU

【意味】
自分の都合のいいように、実際より多く言ったり少なく言ったりして数をごまかす。

説明

鯖は「生き腐れ」と呼ばれるほど傷みやすく、数も多かったためにわざと早口で数えて数をごまかしていたという。他に、「魚市場(いざば)」からの転という説、刺鯖など二枚重ねを一連として数えることからという説、数の多いことを意味する「さは」から転じたという説などがある。語源には諸説ある。

詳細

注釈、由来

【注釈】鯖は「生き腐れ」と呼ばれるほど傷みやすい魚たが、大量に獲れる魚でもあった。そのため、わざと早口で数えて適当になることもあった。ここでの「読む」は「数える」の意。

【出典元】-
【語源・由来】-

「鯖を読む」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「鯖を読む」の例文

【日本語】「あの女優は十歳も鯖を読んでいたらしい」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました