ことわざ/胸襟を開く(きょうきんをひらく)とは?

「胸襟を開く」意味と読み方

【表記】胸襟を開く
【読み】きょうきんをひらく
【ローマ字】KYOUKINNWOHIRAKU

【意味】
心の中を隠すところなく打ち明けること。

説明

心の中に思っていることをすっかり打ち明けること。思っていることをすっかり打ち明ける事。

詳細

注釈、由来

【注釈】「胸襟」とは、胸と襟のことで、転じて、「心の中」という。

【出典元】-
【語源・由来】「胸襟」とは、胸と襟のことで、転じて、「心の中」という意味を表す事から。

「胸襟を開く」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

胸憶を開く(きょうおくをひらく)

【類義語】

【対義語】

【注意】
「胸筋を開く」と書くのは誤り。

「胸襟を開く」の例文

【日本語】「彼に対しては胸襟を開くようになった」
【英語】
to open one’s heart./to have a heart-to-heart talk./to be frank./to speak one’s mind.

タイトルとURLをコピーしました