ことわざ/真綿に針を包む(まわたにはりをつつむ)とは?

「真綿に針を包む」意味と読み方

【表記】真綿に針を包む
【読み】まわたにはりをつつむ
【ローマ字】MAWATANIHARIWOTSUTSUMU

【意味】
表面は優しくふるまっているがが、内心では悪意を持っていること。

説明

ふんわりとやわらかくて、心地よさそうな真綿に鋭い針を隠すように、表面上は穏やかでやさしそうに見えるが、心の中は意地が悪いことをいう。

詳細

注釈、由来

【注釈】柔らかい真綿に、とがった針を包み隠すことから、表向きはやわらかく見えるが、心の中は意地が悪いことをいう。

【出典元】-
【語源・由来】ふんわりとやわらかくて、心地よさそうな真綿に隠しておいた鋭い針で、チクリと相手を指すことから。

「真綿に針を包む」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

真綿に針(まわたにはり)/綿に針を包む(わたにはりをつつむ)

【類義語】

笑みの中の刀/口に甘きは腹に害あり/笑中に刀あり/口に蜜あり腹に剣あり/口に接吻胸に匕首/綿に針を包む/笑みの中に刀をとぐ

【対義語】

口に針

【注意】

「真綿に針を包む」の例文

【日本語】「私の上司はにこやかで人当たりが良いけれど、考えていることはいつも表情と正反対だ。まさに真綿に針を包むような人で信用できない」
【英語】
A saint abroad and a devil at home./God in the tongue and the devil in the heart.

タイトルとURLをコピーしました