ことわざ/蒔かぬ種は生えぬ(まかぬたねははえぬ)とは?

「蒔かぬ種は生えぬ」意味と読み方

【表記】蒔かぬ種は生えぬ
【読み】まかぬたねははえぬ
【ローマ字】MAKANUTANEHAHAENU

【意味】
何もしなければ、良い結果は得られないこと。

説明

種を蒔かなければ花も実もなるはずなどなく、収穫があるはずもない。原因がないところに結果はないということ。努力もせずに良い結果を期待してもかなえられないというたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】種を蒔かなければ花も実もなるはずなどなく、収穫があるはずもない。 原因がなければ結果は生じない。また働かなければ利益も得られるはずがないということ。

【出典元】『上方いろはかるた』
【語源・由来】『上方いろはかるた』の「ま」

「蒔かぬ種は生えぬ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

蒔かぬ種は生えず/打たねば鳴らぬ/火のない所には煙はたたぬ/打たぬ鐘は鳴らぬ対義語果報は寝て待て/物がなければ影ささず/鴨が葱を背負ってくる/春植えざれば秋実らず/物が無ければ影ささず/打たぬ鐘は鳴らぬ

【対義語】

開いた口へ団子/果報は寝て待て/開いた口へ牡丹餅/棚からぼた餅/棚から牡丹餅/鴨が葱を背負ってくる

【注意】

「蒔かぬ種は生えぬ」の例文

【日本語】「何もせず棚から牡丹餅を待っていても、そんなに都合よく人生が進むわけはないだろう。何かを得たいなら何かを始めなさい。蒔かぬ種は生えぬというではないか」
【英語】
Harvest follows seed-time./Noting comes of nothing./Harvest follows seedtime./Pluck not where you never planted./You cannot make an omelet without breaking eggs.

タイトルとURLをコピーしました