ことわざ/名馬に癖あり(めいばにくせあり)とは?

「名馬に癖あり」意味と読み方

【表記】名馬に癖あり
【読み】めいばにくせあり
【ローマ字】MEIBANIKUSEARI

【意味】
名馬はどこかしら癖を持っている。人間も同様で、優れた才能を持つ者は、強い個性を持っている。

説明

名馬と言われる馬は、どこかしら扱いにくい癖を持っている。人も同様に、才能のある者ほど、一般的な常識でははかれない個性的な癖を持っているものだということから。人間も優れた才能の持ち主には、強い個性があるということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】優秀な馬は、何かしらの癖を持っているものである。 人も同様に、才能のある者ほど、一般的な常識でははかれない個性的な癖を持っているものだということから。

【出典元】-
【語源・由来】名馬と言われる馬には、なにか癖があることから。

「名馬に癖あり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

名馬に難あり(めいばになんあり)

【類義語】

癖ある馬に乗りあり/名馬に難あり/癖ある名馬に能あり/癖なき馬は行かず/癖ある馬に能あり

【対義語】

【注意】

「名馬に癖あり」の例文

【日本語】「彼を型にあてはめても仕方ない。名馬に癖ありだ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました