ことわざ/目糞鼻糞を笑う(めくそはなくそをわらう)とは?

「目糞鼻糞を笑う」意味と読み方

【表記】目糞鼻糞を笑う
【読み】めくそはなくそをわらう
【ローマ字】MEKUSOHANAKUSOWOWARAU

【意味】
自分の欠点に気付かず、他人の欠点をあざ笑うたとえ。

説明

大した差は無いのに、相手をあざ笑って非難する人物や言動はみっともないという意味。目糞が鼻糞を笑ったとしても、同じ糞であることにはかわりない。

詳細

注釈、由来

【注釈】-

【出典元】-
【語源・由来】-

「目糞鼻糞を笑う」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

鼻糞が目糞を笑う(はなくそがめくそをわらう)

【類義語】

樽ぬき渋柿を笑う/蝙蝠が燕を笑う/目やにが鼻垢を笑う/五十歩百歩/腐れ柿が熟柿を笑う/鍋が釜を黒いと言う/猿の尻笑い

【対義語】

【注意】

「目糞鼻糞を笑う」の例文

【日本語】「彼女は夫と喧嘩をするといつも彼の欠点を汚い言葉で罵っているが、他人から見ればあれこそが目糞鼻糞を笑うというものだ」
【英語】
Crooked carlin, quoth the cripple to his wife./The pot calls the kettle black.

タイトルとURLをコピーしました