ことわざ/目に入れても痛くない(めにいれてもいたくない)とは?

「目に入れても痛くない」意味と読み方

【表記】目に入れても痛くない
【読み】めにいれてもいたくない
【ローマ字】MENIIRETEMOITAKUNAI

【意味】
溺愛すること。

説明

かわいくてたまらない、見境なくかわいがるさまのたとえ。多く、子や孫をかわいがるさまのたとえとして使う。たいそう可愛がっているようす。

詳細

注釈、由来

【注釈】かわいくてたまらない、見境なくかわいがるさまのたとえ。 多く、子や孫をかわいがるさまのたとえとして使う。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「目に入れても痛くない」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

目の中に入れても痛くない/目の中に入れてもえずくない/目に入れてもえずくない

【対義語】

【注意】
「目に入れても痛くない」は例えであり、実際に子や孫を目に入れたら痛いので注意が必要。それ以前に、おそらく子や孫を目の中に入れることは不可能と思われる。

「目に入れても痛くない」の例文

【日本語】「あんなに厳格だった父が、孫が生まれてからは目尻が下がりっぱなしだ。まさに、目に入れても痛くないという状態なのだろう」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました